ホーム  >  売却・住替えの 流れ

住み替え相談

不動産の売却の際、不動産会社を選ぶ時のポイントは広告の量だけではありません。
きちんとした根拠のある査定書の提示や営業担当者の熱意や態度が企業の姿勢そのものと言われます。

良い会社選びがスムーズな不動産売却への第1歩。
なぜなら、買主様も同じ様に感じの良い実績ある不動産会社を選ばれているからです。
センチュリー21は、細部にわたり、重要であると考えております。

売却・住み替えの流れを7つのステップに沿って、アドバイス
STEP1売却・住み替えのご相談

ご自身の資産内容について、他人に詳しくお話される方はあまりいらっしゃいません。
センチュリー21はお客様ひとりひとりの状況に応じた最適な手段をご提案することをモットーとしておりますので、是非この段階でできる限り詳しくお話をお聞かせください。
また、この時点で不動産売却にまつわる法律関係や税金について、また具体的な手順などについてもご説明いたします。

売却・住み替えのご相談でのポイント!

売却する目的を鮮明にする事
「どうして不動産を売却するのか、住み替えるのか」について、頭に思い浮かぶ売却(住み替え)の理由を実際に書き出してみましょう。
そうすれば、不動産売却の最適なタイミングもおのずと見えてきますし、のちにあなたが新しい不動産を探す際の希望条件も明確になっていくでしょう。

STEP2不動産調査・価格査定依頼

実際いくらで不動産を売却できるのか、これは不動産売却をお考えのお客様にとって最大の関心事です。センチュリー21では売却希望物件をあらゆる角度から調査するとともに、最新の価格動向をベースに適正価格を無料にてご提示いたします。

ぜひ無料売却査定サービスをご依頼ください。

査定価格の決定事項項目!
査定のポイント
  • 建築年数
  • 管理状況
  • 物件の希少価値の有無
  • 内装と設備の充実
  • 平均的坪単価
  • 地価の動向(一戸建て)
  • 日照や眺望
  • 周辺の類似物件の最近の売買事例 ほか
STEP3媒介契約の締結

不動産売却のご相談、価格査定を経てお客様が不動産売却をご決断頂いた段階で、いよいよ不動産売却に向けて手続きを進めます。

まず、弊社と媒介契約を結んでいただきます。
媒介契約の形態は、「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つがあります。それぞれの特徴をご理解いただいたうえで、お客様にお選びいただきます。

媒介契約の締結項目!

3つの契約内容について
[ 専任媒介 ]
特定の1社のみに依頼して査定をしてもらい、売り出し価格を決めて販売する媒介契約です。一般的には3ヶ月の依頼をして、その後は延長する事も可能です。この場合、業者は2週間に1回、売却活動の状況を報告する義務があります。
[ 専属専任媒介 ]
専任媒介同様、特定の1社に売却を依頼するものです。業者は、1週間に1回以上の頻度で売却活動を報告します。また、ご依頼主は自分で買い主を見つける事はできません。
[ 一般媒介 ]
数社に対して同時に、自宅の売却を依頼する内容です。価格は統一です。不動産会社に報告義務はなく、ご依頼主も自分で買い主を見つける事ができます。

以上3つの媒介契約の特徴をふまえて、お選びください。

STEP4売却活動・営業活動報告

ご契約頂いた媒介契約の内容に基づき、物件の売却活動を行います。
センチュリー21では、物件それぞれの特徴に応じて広告を展開します。

広告手段はホームページへの掲載・不動産情報雑誌・広告チラシなど多岐に渡ります。もちろん、物件の特徴を把握し、実際に購入されるお客様を想定したうえで、不動産売却活動を行うことが、的確で迅速な手段と考えております。

家はキレイに!明るく、社交的に!
お手入れのポイント!
  • タバコやペットの臭いはないか?
  • 壁紙の黄ばみやカーペットのシミはないか?
  • 通りから玄関までにゴミはないか?
  • 浴室、洗面所のカビは大丈夫か?
  • 壁に穴は空いてないか?壊れている箇所はないか?
  • 居室の照明は明るいか?
STEP5不動産売買契約の締結

不動産購入を希望されるお客様が見つかり、売却条件、引渡しの時期などについて合意に達した時点で、不動産売買契約のお手続きを進めます。
センチュリー21は売主様、買主様双方の間に立って連絡や調整を行い、買主様への重要事項説明、契約の締結、手付金の受領などの諸手続きを法律に基づいて処理を進めます。
契約が締結された時点で、売主様・買主様双方の権利・義務が確定し、以降その権利・義務を遂行する準備に移ります。

不動産売買契約の締結のポイント!
契約時にご用意いただく主なもの
  • ご実印
  • 印鑑証明書
  • 印紙代(売買金額によって異なります)
  • 権利証
  • 固定資産税納付書
  • 管理規約書、建築確認通知書など
  • 仲介手数料の全額ないし半額(別途消費税が必要です)
  • 運転免許証など本人と確認できるもの ほか
STEP6引渡しの準備・お引越し

物件のお引渡し日までに、借入金のご返済、抵当権の抹消手続き、各種書類の準備、お引越しをしなければなりません。これらのお手続きに関してもセンチュリー21からお客様へご説明いたします。

また、お引越しに関しては、提携のお引越しサービスなどのご紹介、ハウスクリーニングの手配なども行っておりますので、是非ご利用ください。

お引越し・荷造りのポイントは?
ポイント
  • お見積りの際に、どの範囲まで引越業者が行うのか確認します。
  • 荷造りは、ふだん使わない季節はずれの衣類、客用の食器や寝具などから順々に。荷造りができたものから番号と中身を表書きしておくことも忘れずに。掃除用具や洗面道具は当日の朝、荷造りします。
  • 現金や預金通帳、保険証書、貴金属、印鑑は当日持参します。
  • 公共料金やお役所の手続き、カードの住所変更などもお早めに手続きしましょう。
STEP7残代金決済・引渡し

センチュリー21が売主様、買主様との間に立ってお引渡し日を設定し、お引渡しのお手続きを行います。
主なお手続きとしては、抵当権の抹消登記手続き(司法書士代行)、残代金(物件の売買価格から手付金を引いた残りの代金)の受取、固定資産税の精算、仲介手数料の支払い、登記費用の支払い、鍵のお引渡しなどがあり、これらが完了するとお引渡しとなります。

住み替えなどの場合には、これらの一連の流れと並行してご購入のお手伝いを行うこととなりますので、ご購入の流れについてもご確認ください。

残代金の受領時に必要なものは?
残代金を受け取る際にご用意頂く主なもの
  • 権利証(登記済証)
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内)
  • 固定資産税納付書
  • 管理規約、パンフレット、建築確認書など
  • 仲介手数料の残金(契約時に全額支払い済みの場合は無し)
  • 登記費用(住所変更、抵当権抹消登記などがある場合のみ)
  • 売却物件のカギ
あなたの不動産を様々な観点から調査・査定!

不動産の売却には、法律や税金・経費など、専門的な知識が必要になります。センチュリー21では具体的な事例等を交えて、初心者の方にもわかりやすくご説明いたします。建築年数や周辺環境、管理状況、売買事例など、不動産に精通した営業スタッフがあなたの不動産を様々な観点から調査・査定いたします。まずはお気軽にご相談ください。

高価格・早期売却できるワケは?
Point1
Point2
Point3
Point4
Point5

ページトップへ