ホーム  >  主要都市の賃貸住宅1棟利回り・住居系不動産の収益性

不動産コラム-column

不動産コラム~不動産購入、住み替え、売却などに関する情報を発信していきます。

不安なこと、分からない事は、お気軽にお問い合わせください。

  

2014.08.29 主要都市の賃貸住宅1棟利回り

大阪の利回り水準は横浜と同等住戸単位の物件でなく、賃貸住宅1棟(ワンルームマンション)について機関投資家等に対して調査した期待利回りの推移(一般財団法人日本不動産研究所調べ)をみると、2008 9 月のリーマンショックを境に利回りが急上昇したことがわかる。その後、利回りは緩やかに低下しており、14 4 月現在の大阪は 6.0%と東京に比べて 0.9 ポイント高い水準にある。ファミリー向けについても大阪は6.0%、京都や神戸は 6.5%となっており、大阪は横浜と同水準、京都・神戸は福岡と同じ水準にある。売買価格が高い東京の利回りの低さは特別であり、京阪神を含めた他の主要都市との違いが際立っている。

  

2014.08.23 住居系不動産の収益性

昨年来の物件価格の上昇に伴い、様々な不動産セクターにおける賃料利回りの低下が指摘されている。近畿圏も例外ではなく、京阪神及び近畿圏平均のマンション賃料利回りは低下基調にある。京阪神の平均賃料単価は概ね 2 千円前後であるのに対し、中古マンションの売買㎡単価は大阪市や京都市の場合、09 年当時の 28 万円台から 14 年上期は 31 万円前後まで上昇している。14 年上期の大阪市の表面利回りは 7.8%、京都市は 8.3%まで低下し、売買価格が比較的安価な神戸市は 9.9%となっている。

また、京阪神におけるマンションの住戸規模別の利回りは、主にシングル対応の 40 ㎡未満が 14 年上期で 10.2%と最も高く、40~60 ㎡未満のいわゆるコンパクトタイプが 8.5%、ファミリーが対象となる60~80 ㎡未満は 7.3%、80 ㎡以上は 6.5%と、規模が大きくなるに従い利回りの水準は低くなる。

  


無料査定


 

大阪市内西エリアのサイト


ページの上部へ